feature articles - repo 09 
       
【ステップワゴンLED化作戦】
      
        2012.3.10実施 / 2012.3.31報告







昨年の夏にヘッドライトのバーナーが切れて、新しいモノに交換しました。(
feature articles - repo 08
純正HIDより青白い6000Kのバーナーを付けたおかげで、
フォグランプとの色の差が以前より大きくなったなぁ〜と常々思っておりました。
そんな中、会社で使う物品をネット通販で注文していたところ、そのサイトに車用のLEDも掲載されてました。
箱に入っていないバルク品ばかりなのですが、価格に目を惹かれ、LEDのバルブを購入することに。
しかし、HID交換の時も話しをした通り、安物には安物なりの理由があり、
現に自分でもネット通販で
『安物買いの銭失い』体験は何度かした経験があります。
例えばその@:デジタルムービーのバッテリー。
純正品の半値以下でしたが、届いて装着してみたら通電せず。電極付近の電池ケースの成形不良が原因。
例えばそのA:デジカメの充電器。
車のシガー電源接続コード(純正品には無い)で充電を開始した直後に、充電器が白煙を上げた。
原因は不明。こちらも価格は純正品の半値以下。
などなど(汗)
いずれもお店側のスピーディーな対応のおかげで、数日後には良品が手元に届いているので
金銭的な実害は当然ありませんが、不良原因を確認する手間や、それを連絡する手間、
不良品を配送する手間等々を考えれば、本当に安いのか疑問になる場合もあります。
とは言え、純正品や巷の店舗で売られているモノより遙かに安いモノをリスク覚悟でゲットし、
正常動作を確認した時の『イイモノ買ったぁ』という瞬間は、まさにネットショッピングの醍醐味ですね。
・・・と言うか、ただ単に貧乏なだけか(笑)





週の真ん中に送られてきた今回のブツ。
首を長ぁぁぁくして週末を待っていたのに、作業当日は生憎の天気。
先週の週末は車の底面にアクセスするために、舗装の上に寝ころんでも気持ちのいいポカポカ陽気だったのに(>ω<`)
朝起きたらうっすら白くなっていやがった。チックショォォォ。
ちなみに今回RF4に乗っている会社の後輩にも声を掛けて、共同で購入をしました。
彼のステップくんは荷物が届いた日の夕方、一緒に装着作業を行いました。
(ということで既に装着練習及びある程度の品質確認は完了しているであります(爆))





もともとフォグランプを交換する目的だったのですが、アレもコレもと購入したら、これだけの数になってしまいました。
総額6000円弱です。
購入品を説明しますと、(写真にカーソルON)
@フォグランプ用(LED18灯)×2個(H11)
Aポジションランプ用(LED9灯)×2個(T10ウェッジ球)
Bライセンスランプ用(LED5灯)×2個(T10ウェッジ球)
Cルームランプ用(LED48灯)×1個
Dルームランプ用(LED16灯)×3個
ET10ウェッジ球予備(LED6灯)×2個
となります。
Cについてはセカンドシート上のルームランプに装着しようと考えていますが、もしも装着出来ない事を考えてDを3個購入しました。
EもBに装着出来ない場合や、AやBがあっけなく玉切れした場合の保険として購入しました。





ではまず、一番作業が面倒くさいフォグランプのバルブ交換からスタートです。
これが現在装着されておりますH11ハロゲンランプです。
ヘッドライトよりは使用時間は短いですが、それでも車を買ってから一度も交換せずに
点灯してくれてますので、純正部品ってスゴイ優秀!と思います。





このバルブへのアクセスですが、インナーフェンダー(柔らかめの樹脂カバー)を局所的に外して作業を行います。
車屋さんはどこまで外して作業をされているのか解りませんが、私的には4箇所のクリップ&ビスを外して作業を行いました。





まずは車に添い寝するように寝ころんで、下を覗き込み、ビス1箇所とクリップ1箇所を外します。
クリップは経年劣化によって樹脂自体が堅くなっているため、無理をするとクリップが欠けてしまう恐れがあるので
やさしくやさしく作業をしました。(数ヶ所やっちまったけどね)





それと底面の1箇所はフロントスポイラーとインナーフェンダーを結ぶステーのどちらかのクリップを外します。
最後の1箇所はフェンダーの縁にあるクリップです。
この4箇所を外して、おりゃ〜とインナーフェンダーをめくると、この奥の間にフォグライトが鎮座しているのが見えます。





これがH11ハロゲンバルブ。
コネクターの爪を押しながら、コネクターを下に引っ張って、バルブからコネクターを外します。
バルブ自体は左に回して引き抜きます。
左手でインナーフェンダーをめくり、視界を確保しつつ、右手でバルブ外し作業をしました。
でも一番大変だったのは、この写真を撮ることだったかな(笑)





元々付いていたハロゲンバルブ(左)とこれから装着するLEDバルブ(右)
LEDの方が全長が短いので、ランプケースへの干渉はクリアですね。
フォグライト装着作業の最大の山場はインナーフェンダーを固定するクリップをいかに壊さないように取り外すか?!
だったので、ここまでくるとあとはチャッチャとバルブを取り付けるだけ。





LEDをそこら辺にぶつけて壊さないように、若干慎重になりながらランプケースに納めます。
しかーし、取り外しはすぐに出来たのに、取り付けがうまくいきません。
バルブの3箇所の爪と、ケースの切り欠きがなかなか合わなくて…(汗)
想定外の苦戦を強いられ、原点に戻ってみることにしました。
先程取り外したハロゲンバルブを付けてみると…すんなり!
おかしい(疑)。なにかおかしい(謎)。
そう思って2つのバルブを見比べてみると…おや?
1箇所の爪がヤケに幅広になっているではないですか!
個体の問題かと思い、もう1個のバルブも確認してみると、そちらも同じ作り。

やられた(>ω<`)

また
『安物買いの銭失い』をやっちまったぁ〜。
しかし、このまま返品するのも面倒くさいし、ママに『安モン買うからだ』と笑われるのもイヤだ。
じゃあ爪を削ろう!





初めは自宅にあったヤスリだの、ニッパーだので抗戦しましたが、
日が暮れるか、作業の衝撃でハンダが外れるか、どちらかが懸念されたため、
マイクログラインダーが有るとある工房まで移動して、作業を行いました。
右が加工後のバルブ。少しだけ基板の土台を削ってしまった(笑)





そして取り付け。
今度はすんなり装着できました。
でも見た目はあんまりカッコイイもんじゃないなぁ〜LEDって。
まるでトウモロコシが突き刺さっているみたい。





確認の為、点灯!
運転席側はまだ交換前のハロゲンなので、純正ハロゲンvsLEDの色の違いがよく分かりますね。
あとは先程と同じ手順で運転席側のバルブ交換をすればフォグランプLED化は完了です。
じつは1週間前にインナーフェンダーの外し方を運転席側で確認していたので、
その際カチンカチンだったクリップは楽勝に外せるはず。
一時は安物の落とし穴に填るかと思われた今回のお買い物も、チョットしたリカバリーで
何事もなかったかのように『イイ買い物』に変わるのです。
さぁ一番面倒なフォグランプバルブ交換は先が見えてきました。





トラブルもあったせいで作業開始から1時間半も経過してしまいました。
でもまぁなんとかなったから良いかぁ(^_^)v
そして点灯!!
運転席側フォグ、キラーン☆!
なんかLEDの光のつぶつぶが、ナウシカに出てくるオームに見えるのは私だけ(笑)





助手席側フォグ、キラーン☆!…ん?

(T_T)

『安物買いの銭失い』確定。

今度こそやられた
(>ω<`)
先程全然気がつかなかったけど(2つ前の写真)、近くで見てみると先端の3灯が着いていない(涙)
もう一回外してハンダコテでハンダの接点を確認しようか?
寿命を考えると、ちゃんとしたモノに替えて貰った方が良いのではないか?
でもまた爪の修正加工をしなくてはならないのか?
さらにまた寝っ転がってインナーフェンダーを外す手間をしなくてはならないのか?
でもどこをどう考えても俺には非がない。コレは不良品だ!交換すべきだ!
でもでも交換した助手席側と、既に装着している運転席側の色合いが違っていたら、今のままの方が良いのでは?
ありとあらゆる損得勘定が頭を巡り、結局出した答は 
“このままで良い” としました。
近寄ってまじまじ眺めない限り、3灯死んでるのは誰にも解るまい。
とは言え、既に悩んでいるこの時点で今回の買い物は私の中のルール上、敗北となるのでありました。
こうして頭の片隅にモヤモヤを残したまま、無事(?)フォグランプのLED化は完了しました。

(※写真の一部はナンバープレート目隠しの為、画像編集を行っております。)





NEXT



Go to feature_articles!