2005/10/10 SLえちご日本海号


2年ぶりにSLえちご日本海号が帰ってきました。(普段は、C57180ばんえつ物語号)
前回の2003年の時はヨチュを小脇に抱え猛ダッシュし、SL通過数分前に駅に着くという
バタバタ劇を演じたため、今回は早めに家を出て良い場所を取ろう、
あわよくばホームの突端を(↓この場所)
 2004/4/14レポより
陣取ってベストショットを狙ってやろうと考えていました。

 マスク野郎だ

風邪気味のマスク野郎を連れて駅に着いたのですが、計画していた時間より
はるかに遅れてしまった為、すでにホームには20人ほどの人が・・・
狙っていたホーム突端も・・・

 突端はこの団体の先の方

ものすごいごっつい三脚&脚立セットのいわゆる“その道を極めていらっしゃる方々”が占拠済み。
まぁこの様子からすると、ファミリーが言う早めの時間なんて目じゃない時刻から来てるんだろうなぁ。
スペースはあれど、さすがにアノ三脚から前に行く勇気は無かった。
まぁ前回よりはかなり良い場所だから良いとするか。

 きたきた

そうこうしているうちに遠くに煙が上がっていうるのが見えました。
緩やかな登りの直線になっているので、良く見渡せます。
上の写真を自宅のPCに落として、見てから気がついたのですが、

 上の拡大写真

線路を渡る陸橋の上にもかなりの人が見ていた様です。
煙を直に浴びるだろうから、視覚・聴覚・嗅覚でSLを体感って感じですかね。
そろそろ近づいて来ました。
汽笛もハッキリ聞こえます。
写真がきちんと取れるかドキドキしてきました。(2003年は奇跡のショットでした。)
といっても今回は新しいカメラになって、ムービーの性能も向上したので動画で楽しちゃお。
(そのかわり画質は劣りますね、さすがに)
うぉぉぉぉぉ!きたきたきたきたきたきたきたきたきたっす!



迫力あるぅぅぅ!



はっ、はやい〜!



行っちゃったぁ〜



ヨチュは臆病だから、怖がって引いて見てるかと思いきや、チャンと見ていた。よかった。
(耳おさえているけど)
その時、“キャッ”っという声が背後から聞こえてきた。
あっ、アイボンが泣いているぅ・・・・・う?

 オオヨロコビ

喜んでいたのね、アナタは・・・・・
それも興奮気味に手をたたいて・・・・
二人目って強い子に育つのね・・・。
さてさて、この後は折り返しをする直江津駅に向けて出発です。
直江津駅の北口、南口共にイベントを行っているみたいで、
北口は、よさこいやミニSLなど、いわゆる普通のお客様用。
南口は、貨物車両の見学やトラックや自衛隊車両の展示など、
ちびっ子のいるファミリーか、“その道を極めていらっしゃる方々”等のお客様用。
当然ウチは南口ですけど。
南口の臨時駐車場は大渋滞。やっと駐める事が出来て構内へ進入です。

 こんなのまだあったんだね

これは転車台と言って、車両の方向転換を行うものです。
直江津駅にもまだこんなのがあったなんて知らなかった。
先程までこの上でSLが回転していたらしい。
で、SLはどこかと言うと、



ここにいます。
うぉ、トーマスに出てくる機関庫みたいだぁ〜。



中では何やら点検が行われているようで、
そんなときも煙突からは白い煙が立ち昇っていました。
大きくて薄暗い機関庫で、シューっと静かに音を立てているSLを見ると
全力疾走の後に一休みをして呼吸を整えている猛獣がいるように思えました。
SLは機械だけど生きているんだって感じました。
もう少し休んだら、また転車台で方向転換して、ホームに移動するようです。



続く


Go to Go-OutReport!