2007/4/11・21 (3年ぶり)高田公園




昨年も4人で夜桜を見に来ておりますが、レポ的には3年ぶりの高田公園となります。
お堀に映る高田城と桜、綺麗ですね。
ただ個人的にはお城の緑色のライトアップっていただけないと思うのですが・・・どう思います?

 右が極楽橋

桜の満開期間は高田公園内の道路が一部車両通行止めとなります。
以前はこのエリアまでたどり着くのに大渋滞を耐え忍び、臨時有料駐車場に車を駐めておりましたが、
昨年から臨時駐車場に入れるのはバスだけとなりました。
かわりに公園周辺に数ヶ所臨時無料駐車場を設け、ここから有料のシャトルバスが発着しています。
料金は小学生以上1人100円となります。(片道料金)
私たちは1q程離れた関川の河原にある第1駐車場に車を駐めたのですが、
明らかに以前より渋滞が減り、便利に感じます。
まぁ荷物が多かったり、3人以上となると前より不便な感じがしますが、
ちょいと夜桜見物程度なら歓迎できるシステムですね。

 はい、じっとしてぇ

桜ロードでの親子3人のショット。
やはり夜桜を写真に写すのは素人にとっては難しいですね。
フラッシュを付けると間近のモノしか写らないし、フラッシュを切ると手振れするし。
かと言って三脚まで持ち出すまではしたくないし。
まぁ一番の問題は手振れではなく、被写体のチビ達がじっとしていられないのが最大要素ですが。

 それ何のポーズ?

この写真はデジカメのマニュアルモードで露出を少しばかりいじくってみたモノです。
1つ前の写真と感じが違いますよね。
AUTOモードしか使わない人も多いと思いますが、せっかく高い金出して買ったデジカメですから、
色々と設定を試してみるのもどーでしょう?フィルムカメラと違って失敗しても消耗するのは電池くらいですからね。
※この写真を含め、全ての写真はアプリケーション上で明るさや色合いなどの修正を行ってあります。



それにしてもこの桜ロードは美しい。さすが日本三大夜桜と謳われるだけあります。
写真で見ても綺麗ですが、実際に見ると圧巻ですよ。

 日が替わって

で、いきなり真っ昼間になっていますが、前までの夜桜写真の日から10日後。
妖艶な夜桜を演出していたソメイヨシノは、その多くが花びらを散らしてしまいました。
この日ママは公園近くに用事があり、3人でお花見にきました。
ヨチュの持っている袋にはレジャーシートと曇り空を懸念して持ってきた傘が入っています。

 スタンバイOK

しかし、ココに来た一番の目的はこれです。
高田地区の青年会の太鼓披露?・・・ではないです。
佐渡を拠点に活躍しています和太鼓集団『鼓童』のライブが、お花見のイベントとしてあるからです。
この写真は出番直前のみなさんの様子。

 この一画だけ大賑わい

じいさんが太鼓好きでDVDを見ていた影響か、ヨチュも太鼓が好きになり、
ラップの芯をバチ代わりにトントコトントコいろんなモノを叩くものだから
普段うるさくて仕方ありません。
せっかくの機会なので、生鼓童を見せる為に連れてきました。
さすがにこれだけの数の太鼓が一斉に演奏するのは滅多に見れないので大迫力です。
太鼓の重低音とリズミカルな演奏には誰もが釘付けとなって見てしまいます。

 ツアトラ発見

始めはあまりの大きな音に恐怖心があった二人も、慣れてきたらおとなしく聞き入って・・・って事がなく、
慣れてきた=飽きてきた感じ。
じゃあ公園内をお散歩することに。

 カメラマン集る

この枝垂れ桜(?)は今がとても見頃。
カメラを手にした人は、必ずこの木の下で立ち止まっていました。

 足下は桜吹雪

正反対に桜ロードは終末を迎えておりました。
上を見上げるより、下を見下ろした方が綺麗?!

 我が家のアイドル

80年代アイドル写真風ショット。
そんなイメージを狙って撮ったんですがどーでしょう?

 なんか不思議

多くの枝が花びらを散らしているなか、太い幹から直接のびた花だけは
「やっと開いたんだよ」と言わんばかりに力強く咲いていたのが印象的でした。


続く


Go to Go-OutReport!