2008/11/2 苗名滝








『紅葉狩りに行きたい』というママの一言から端を発しました今回のお出掛けですが、場所の選定にはチョイト苦労しました。
 その@:お金がない為、手軽に行ける近間である
 そのA:ぐねぐね山道はママが車酔いするからNG
選定条件はこの2つ。
そもそも紅葉見るには基本的に山に行かなくちゃならんのに、山道NGはかなり無茶な要望と思いませんか?ママさん。
で、そこを何とか考えてやっと出てきた答えが苗名滝でした。
でも結構山奥のせいか、紅葉も終わり頃だったか・・・オォゥ,ミステイクっす。





ここまではナビと案内板を頼りにたどり着きました。
道中、道幅は狭かったのですが、ママが嫌うぐねぐね山道はなく、すんなり来れました。
“意外”と言ったら失礼ですが、きれいで大きな食堂と喫茶店がありました。
もの凄い山奥に知る人ぞ知る滝がある・・・なんてイメージも少なからずあったのですが、
バリバリ観光地化してましたね。





滝を見に行くには駐車場の一番奥にある、この小道を歩いていきます。
案内には15分とありますが、それって大人の足でですか?
急いでですか?余裕でですか?
あんまり山道ックだと誰かさんからクレーム付きそうでコワイんですけど・・・





小道に入るとすぐに吊り橋で川の反対側に渡ります。
川には大きな砂防ダムがあり、道はそのダムを超えるため、階段を設けて高低差をクリアしているようです。
歩行者用の吊り橋も、普段お目に掛からないせいか、
アドベンチャーゲームのマップを再現したような一画となっています。





吊り橋の真ん中から砂防ダムを見た様子。
これが苗名滝だと思いこむ人はいないと思いますが、
ある程度水量があれば砂防ダムでも見ていて美しいものです。
季節は冬になろうとしているので、否が応でも感じますが、清涼感たっぶりです。
暑い時期にはここで水遊びも有りか?
(注意:水遊びして良い所かどうかは知りません)





日向と日陰ができる渓谷にあって、日が差している対岸の紅葉がさらに鮮明さを増している感じです。
もともと紅葉狩りに来たというのに、いつの間にか滝見物の頭になっていた自分にふッと気がついた瞬間でした。





砂防ダムを超えると、そこからは落ち葉が堆積する山道となります。
大きくぬかるんでいる場所はないのですが、ウエット感があるので、
場所によってはヌルゥゥゥっと滑ります。





途中には大きな岩もあり、先日の米山登山を思い起こさせる箇所もありました。
とはいえ、急勾配の登り坂などはないので、
足の不自由な方でなければ滝まで無事到達できるかと思われます。
ただし道は所々狭い箇所があるので、もし行かれ方は譲り合って歩いてください。





続く


Go to Go-OutReport!