2008/11/15 越後丘陵公園(2008)







suginchiおでかけレポの聖地(?)、長岡にあります越後丘陵公園です。
おでかけレポでは6回目になります。
今回は子供達から『丘陵公園に行きたぁ〜い』というリクエストがあってそれに答えるカタチでやってきました。
いつも通り、カメラを向けるとオバカ顔全開!
これを見てカワイイと思えるのだから、親バカパワーってすごいと思う。





園内に入ると、芝生広場正面のケヤキの木が紅葉していてイイ感じ。
我が家の敷地内にもケヤキは有りますが、あまりにも身近すぎて
普段目に入っていないのか、ケヤキってこんなにキレイに紅葉するんだなぁ〜と再発見。





丘陵公園に来て子供達が一番遊ぶのがココ。越の池。でも今は工事中。
中越地震&中越沖地震でヒビ割れが生じ、漏水が発生しているようで、全面改修となっています。
まぁ改修工事がなくても、季節的にもうココには入らないと思うけど。
また来年の夏にお世話になります。





越の池のOFFシーズンには、このふわふわドームが一番人気です。(SUGINCHI子供ランキングによる)
ようサンは真っ先にココに来ました。
ここは子供だけではなく、大人も純粋に楽しむことができ、
端から見ていると『あのお母さん、嬉しそうに跳んでるわぁ』なんて思うのですが、
いざ自分もその立場になると、思わず楽しくなってピョンピョン跳ねてしまいます。
でも無理すると足がもつれてカッコ悪いところをさらけ出してしまうので運動不足さんは要注意。





アイボンは手始めにアスレチックからスタート。
次から次へと身軽に障害を越えていきます。
それにしても何故だか兄妹別行動。
カメラが1台しかないから写真撮るのが大変。





11月も半ばだと言うのに、少し動くと汗ばむ陽気です。
関東にお住まいの方は珍しくもないかもしれませんが、
日本海側ではこの季節にこんな良いお天気なのは、それだけで得した気分になれます。
さらに、こうして高い所からのんびりと子供達の遊ぶ姿を見ていると、とても幸せな気分になれます。





我が家の子供達はふわふわドームで合流していました。
散々跳ねまくったせいか、さすがの子供達も小休憩。
走って、跳ねて、笑って、寝ころんで、よくクタクタにならないなぁ〜と感心してしまいます。
自分が1時間もこんなことしていたら、疲れきってダウンするのは間違いない訳で、
それを踏まえて考えると、大人は子供と違って、走りまわって遊ばないのではなく、
走りまわれなくなるから遊ばないんだ!と思う。





小休憩が終わると、再びぴょんぴょんと跳ね回っておりました。





丘陵公園に遊びに来るときは、いつもお昼を車の中で食べながら来るのですが、
今日は手ぶらで来たため、園内にあります花と緑の館内のレストランでお昼にしました。
何回もこの公園には来ていますが、レストランに入るのは初めてです。
園内同様、ここも広々として清潔感があり、気持ちよく利用できました。





食事が終わってから、さぁ何しよう?
じつはパパ的には前々から“フォリーの丘”に上がってみたいと思っておりました。
家族に『登山するか?』(←そんな大それたもんじゃ無いけど)
と聞くと、アイボンはすると言ってますが、ママとようサンはイヤだとのこと。
『じゃあパパとアイボンで行ってくるねぇ』と言ったら、結局二人も行くことになり、
フォリーの丘に通ずる石段までやってきました。





丘の上まで435段の階段があります。
頂上はココからでは確認できません。
その出発前に記念撮影。
ハーイ撮るよぉ〜ってカメラを向けてもいつものおちゃらけは無し。
ようサンかなり不満そう・・・





いざ登り出すと階段は急でもなければ段差が大きいわけでもないから、
楽々気持ちよく歩けます。
アイボンは泣き言一つもなく、トコトコと登っていきます。





そして7分少々で丘の上に到着しました。
バンザーイ!!





その頃ママとようサンは・・・
途中休み休み登ってきたので、あと4分の1位のところにいました。
結局アイボン登頂から3分遅れで、無事到着しました。





丘の上には20人くらいの人達がいて景色を眺めておりました。
アイボンがつかまっている道標には『ここは標高180m』と記されていました。
意外に高くないなぁ〜と感じつつも、公園内はもとより、
公園近辺の住宅地や長岡の市街地も見渡せ、とても気持ちがイイです。





空の青色と夕日に照らされた木々や芝生の黄金色がココまで登って来た労を癒してくれます。
あんなに広い公園も、ここから見るとそんなに大きくないように感じてしまいます。





じつはこのフォリーの丘より、もっと高い山の上に展望台があります。
丘陵公園のHPによると展望台3階で標高230mとのことで、ここより50mも高い景色が臨めます。
徒歩で行くか、無料の園内バスで行けるのですが、今回は時間がなくて断念しました。
今度来たときは是非チャレンジしようと思います。





おまけ
フォリーの丘から降りてきて変なテンションのアイボン






Go to Go-OutReport!