2009/6/20 こども自然王国





ここは柏崎市高柳町にあります県立“こども自然王国”です。
向かっている先はガルルの城と呼ばれる本館で、
ここには宿泊施設や温泉、レストラン等々が完備されています。
で、真の目的はフロントに行ってお金を支払うこと。





これは6月5日の写真。
アイボンの通う保育園の親子旅行でこども自然王国に行ってきました。
自慢げに見せているのは“親子コメパン作り”で作ったジャッキーパン(上)とお魚パン(下)です。
このコメパン作りは団体親子向けプログラム(平日10名以上)で受け付けているプログラムで、
当然予約が必要ですし、料金も800円かかります。
今年ママが保育園の保護者会会計となり、親子旅行の支払いに今回来たと言うわけです。
ちなみにジャッキーとはアイボンのお友達↓
 
パン似てネェー





実は保育園親子旅行でここに来たのは今年だけでなく、
2008年アイボン、2005年ようサンと、かなり○○○保育園御用達になっています。
ただし、ようサンは小さい頃に来たせいか記憶がなく、「オレ初めてだ」とか言ってました。
パパは本当に初めてですけど。





目的の支払いも終わり大人的にはすぐに帰ってもいいんですが、子供達は遊具で遊びたいようです。
真夏日となったこの日、うだるような暑さの中でも子供達は元気です。
本館から道を隔てた反対側のわんぱく広場へ通ずるわんぱくブリッジをいちもくさんに駆けていく二人。





わんぱくブリッジを渡りきったところにあるUFOパラダイスです。
UFO型をした遊具の最上部から螺旋形のすべり台で下まで滑り降りるようになっています。
恐らく炎天下にあの半球体の中は灼熱地獄であり、
少なからずこの時期はパラダイス(→楽園)ではなさそう…





別アングルから見たUFOパラダイス。
螺旋形すべり台は小さい子には少し恐怖感があるようで、
アイボンが先々週ここで遊んだ時は恐くてすべれなかったそうです。
そんなお子様には右側にチョコットだけ写ってる赤い普通のすべり台がありますのでコチラでどうぞ。





今日はお兄ちゃんといっしょのせいか、
恐がる気配もなく滑り降りてきました。





わんぱく広場にはチョットした公園に有りそうな小さな遊具や





少し規模の大きい公園に有るような中くらいの遊具、





そして遊園地に有るようなかなり大きな規模の遊具などが揃っています。





一通り全ての遊具で遊んでいい汗をかきました。
ただ見ているだけでも暑くて疲れるのに、あっちこっちと駆け回っていれば疲れてくるのも当然。
でも気持ちはまだまだ遊びたい二人。





なもんで、ほらほら始まった。
さっきまで仲良し兄妹だったのに、アイボンが悪いだのお兄ちゃんが悪いだの
いつもの兄妹ケンカがスタート。





ケンカをなだめる為ではないのですが、
遊具も飽きてきたみたいなのでわんぱく広場の外周をまわるおもしろ自転車に乗りました。
わんぱく広場は無料なんですが、このおもしろ自転車は30分300円の有料となります。
ジリジリと気温が上がる中、お金を払ってまで自転車をこぎたくないよぉ〜
という泣き言は心にしまっておいて、3人で出発!
はーいみんな嬉しそうだねぇ〜。
パパも良い笑顔だぁ。





2週目。
30分内ならどの自転車に何回でも乗り換えOKです。
ただし、小学校低学年以下くらい(←良く覚えていない)の子供は
保護者同伴にて乗らなくてはいけません。





3、4週目





5週目





6週目





7週目
ハァハァハァ・・・(もう笑顔がでない)





馬車馬の様に自転車をこいだ30分が終わり、暑くてもうフラフラ。
うーんこんな時はこんな木陰で休むに限る〜うん?





んっ?
ウゲェ〜!
キ、キモティワリぃ〜!!!
園内のいたる木々にはこのモジャモジャくん達が大繁殖していました。





これじゃ『こども自然王国』じゃなくて・・・





モジャモジャくん達は季節的に仕方なしとして、
我が家からプチドライブ距離で来れて、大いに遊べる場所としてはとても良い施設でした。
無料だしね(笑)






Go to Go-OutReport!