2011/5/21 新潟市日帰りバス旅行





今回のお出掛けもレポ58同様に地元の消防団ファミリーでのお出掛けとなります。
主催は地元の電気屋さん(も団員)でして、新潟市で行われるP社展示会に行きつつ、
その後、ご飯を食べて遊んで帰るという、日帰りバス旅行です。
ここでレポにはしていませんが、昨年もこのメンバーでお出掛けしています。





家族でのお出掛けはゆったりのんびりとした良さがありますが、大勢でのお出掛けはワイワイ賑やかなところがいいですね。
すでに自分の子供が大きくなった親にとって、まだまだ小さな子供達と遊べる良い機会なので、
車内のあちらこちらから『可愛いねぇ〜』という声が上がっておりました。





予定通りバスは新潟産業振興センターに到着しました。
次から次へと展示会見学のバスが到着しており、
バスの乗客名を書いたネームプレートには“○○電機商会”等々書いてあるのが、
普通なんですが、私達のバスは・・・“○○○消防団”
いいですねぇ〜気合い入ってます(笑)
バスの到着をチェックしている係員さんがそれを見た瞬間、『え゙っ〜?』と首を傾げていたのには笑ってしまいました。





会場に入ると昨年もビンゴ大会で大活躍していたナッピーがお出迎えです。
でもこのキャラ、P社の広告媒体では一切見たことがない気がしますが、何者なんでしょう?





展示会場に入るには、案内係さんのお話を聞いてからなんですが、
なんでもクイズラリーがあるのと、どら焼き作り体験コーナーがあるとのこと。
この同級生コンビも展示会場を入念にチェック。
超真剣にみているけど、なにかスゲー狙いがあるのかな?





今回参加最年少。
じーーーーっと、こちらを見つめていますが・・・
おじさんの顔面白いかなぁ(汗)





一通りの説明をいただき、展示会場突入。
我が家はとりあえずクイズラリーを先に回ってから、展示品をゆっくり見よう作戦。
会場内数箇所にあるクイズパネルを目指し、速攻で移動し、所要時間7分にてクイズ終了。
それから休む間もなく、もう1つの目的のどら焼き作り体験に移動です。





新型のIHクッキングヒーターを使い、どら焼きを作ります。
担当のおねえさんが、ヒーターの操作と特徴を説明しながら、どら焼き作りをサポートしてくれました。
我が家では数年前からIHクッキングヒーターを使っているので、
ママはお手入れの仕方について、いろいろ質問をしていました。
私の興味はおねえさんどら焼きだけでした。





ママ作とパパ作のどら焼きが出来上がり、無料サービスのお茶とコーヒーで一服です。
P社の新型IHは、揚げ物だけでなく、焼き物の温度もコントロールしてくれる代物なので、
どら焼きもこんがり美味しそうな色に焼き上がりました。
ふっくらしてなかなかお茶のともに最高でしたよ。





ようさんは展示会場入りから、御近所のお友達と一緒に会場を回っていました。
何処にいるか見渡すと、こちらも二人でどら焼き作りをしていました。
宿題するときより、どら焼きを返している方が真剣にやっているのは気のせい?
いつの間にかどら焼き作り体験コーナーが長蛇の列になっていました。
この方々はIHが使ってみたいのか、ただ単にどら焼きが食べたいのか・・・





さて、目的の2つが終わり、会場内を散策する事にしました。
今年は更にECOに特化した展示が多く見られ、なんとなく地味ぃ〜な感じ。
それでも時間の経過とともに入場者が増えてきて、徐々に盛り上がり感も増してきました。





3Dテレビの展示コーナーに来ました。
昨年は一番の目玉製品だった為、会場入口に大きな特設ブースがあり、お客さんの順番待ちの列が出来ていました。
今では家電量販店でごく当たり前に3Dテレビが視聴出来るため、このコーナーに並んでいる人は皆無。
『技術の進歩とその普及は、たった1年でこんなに進むんだぁ!』と痛感しました。
アイボンも今更3D映像に驚いている訳ではなく、タダ何となくしゃくれているだけ。





さて、一通り展示品を眺め、ようサン達を探していると、電子紙芝居なるモノを見ていました。
この紙芝居は、3匹のこぶたの話しをベースにP社の製品紹介を折り込んだクイズになっていまして、
参加者各々に手渡された回答用端末(たぶんiPhone)で問題に答えます。
子供を迎えに来たはずなのに、私も回答者に取り込まれ、紙芝居スタートです。





クイズはその正解数と出題から回答までの時間の短さで、回答者の順位が決まる仕組みになっているそうで、
1位の人にはステキな景品が貰えるとのこと。
景品につられ、やる気が俄然出てきました。
各回答端末には識別の為の愛称が表示されており、私が手渡された端末は“らいおん”でした。





3問のクイズが終わり、結果発表!
な、なんと、見事らいおんさんがダントツ1位となり、景品をGETしましたぁ〜♪
が、参加者が子供とおじいちゃんしかいないなか、
唯一の30代が本気モードで回答した大人げ無さにちょっぴり反省(^_^;)





P社展示会を一通り見学し、新潟産業振興センターを後にしました。
次の目的地はお昼ご飯です。
で、やって来たのがアボカーレ新潟鳥屋野店です。
ここはイタリア料理の食べ放題のお店で、パスタ・ピザ・サラダ・デザート・ドリンク等々
沢山のメニューを時間と胃袋の許す限り楽しめます。





全員席を確保し、お昼ご飯の段取りを説明したらヨーイ、ドン!
みんな一斉にパスタ・ピザに列をなしていました。





ひとまず店内の状況を写真に残しておこうと一通り写真に納め、
我々の席に戻ってくると、子供の食事の世話をしないでよいグループはすでにパスタ&ピザを堪能中。
でもその一皿食べたら、もう満腹になって終わりそうだよね(笑)





小さいお子さんのいるお父さんは、子供のご飯の面倒をみていたり





一緒に御馳走を取りにいったりしています。
今日は消防団員の顔ではなくて、みんなお父さんの顔をしていますね。





みんな炭水化物オンパレードが終わり、デザートタイムに入っております。
デザートの中でひときわチョコファウンテンが目立っておりました。
私は甘いモノが結構好きなので、是非これはチャレンジしてみようかと思います。





こっちでは芸術的なソフトクリームを製作されていました。
レバーを戻すのが遅れて、こんなんなっちゃった模様。
まるでその傾き具合がジャガーのエンブレムの様。





ヨーイ、ドンから1時間が経過しました。
1時間30分の食べ放題なのですが、この時点で結構みんな満腹状態。
焼き肉の食べ放題なら、肉を網に乗せたり、ひっくり返したりとゆっくり食べて、ゆっくりお腹が満たされていく感じですが、
パスタにピザとガッツリ系のモノを一気に詰め込んだ感じで、かなり皆さん胃袋に余剰スペースが無い模様。





満腹の大人達はお昼寝でもしたい気分なんですが、
お腹いっぱいの子供達は、もう遊びたくってしようがないみたいです。
じゃあ次に移動しますかね。





続く


Go to Go-OutReport!