2012/4/30 悠久山公園と天領の里





記録的な大雪の冬が終わり、雪国にも春が訪れました。
春と言ったらお花見ですね。
例年お花見に出掛けている高田公園は、満開のタイミングと週末とさらに絶好の良いお天気が重なり、これ以上ないお花見日和になりました。
そうなると高田公園周辺は大混雑になるため、逆に足が遠のいてしまい、平日に夜桜を楽しむことにしました。
が、運悪く私の仕事の都合が重なり、なかなか行けないうちに花が散ってしまいました。
そんな無念さもあり、チョットだけお花見気分を味わう為に上越市安塚区にあるリバーサイドロードに来ました。
超満開で超綺麗なんですけど…誰もいない。なんか勿体ない。
まぁ既に17時をまわっているので無理もないけど。
それにしても、やっぱり桜はいいねぇ〜♪
そんな気持ちから『明日お花見しよう!』と家族4人で意気投合。





意気込んで4時起きしてお弁当をつくるママ。
昨晩ノープランで寝てしまった為、今日お出掛けするお花見スポットを必死に検索する私。
あの公園は寂しすぎるとか、あの公園は子供の頃によく行ったからお出掛け感がなくてイヤだとか、
そんなママ様の注文を聞きつつ、まだ花が咲いているであろう公園を必死に検索します。
そして、とある人の3日前のブログ写真に満開の桜が写っていたことと、
若干のお出掛け感を感じられる観点からお花見地を決定しました。
長岡市にあります悠久山公園です。





いくつかある臨時駐車場のうち、長岡大学と悠久山球場の間にある駐車場に車を駐めました。
そして蒼柴神社の参道を歩いていきます。
この参道にも桜の木がありますが、ほとんど葉桜状態。
なんかイヤな予感 (>_<)
あのブログの写真はなんだったのか…
花の散るのはそんなに早いのか…
折角ここまで来たのに…もしや“お花見”でなくて、“お葉見”になってしまうのか…(汗)





始めてくる土地でいて、ろくに下調べもしていなかった為、どこに行ったらいいのやら。
露店が建ち並ぶエリアの向こうに芝生の広場が広がっていましたが、
遠目で見ても既にお葉見会場と化していたため、少しでも花が残るエリアを選択しました。





蒼柴神社から広場に向かう道の横が小高い山になっており、ここを我が家のお花見ポイントと決めました。
この山には桜と松と杉が混在して植生しております。
松と杉の背が高い分陽当たりがよろしくないようで、その為かこのエリアの桜は広場の桜よりも開花が遅いようです。
満開時期を少し超えた感もありますが、桜の美しさをまだまだ鑑賞できるレベルでした。





ここにくる車内で、すでにお腹空いたを連呼していた子供達よ、さぁバリバリお食べ!
子供達はやっとありつける食事にテンションが上がっておりましたが、
私的には未開拓の土地でのお花見という目的が達成できた安堵感で内心ほっとしておりました。





広場の喧騒もここではどこへやらの静けさが広がり、家族で話しをしながら、のんびりお弁当を食べるには絶好の場所でした。
ただし平らなスペースはあまり無いので、ちょうど良いタイミングでベストポジションをゲットするのは難しいかもしれませんね。





お弁当を食べ終わり、子供達が動き出すと、早速兄妹ゲンカ勃発(呆)
つねくっただの、いや触っただけだの…よくまぁ飽きずにケンカするもんだ。
そんな兄妹ゲンカを見ていたのか、それともはらはら散る桜を見ていたのか、
一匹のカエルくんがこちらをじーっと見ていました。





カエルに別れを告げ、レジャーシートを畳み、さぁ公園内の散策開始です。
お弁当を食べたポジションから、少し山を下ると泉翠池が見えました。
池の周りには遊歩道があり、そこにも桜が植えてあるようですが、
すでに花が落ちた木が多い為か遊歩道を歩く人の姿はほとんどありませんでした。





広場の桜もほとんど終わっていました。
レジャーシートを敷いて寝ころぶには、先程我々のいた小高い山エリアよりもこちらの広場がフラットで良い感じですが、
夏日となったこの日に関しては、木陰もあり若干ヒンヤリしていた山の中の方が居心地はよさそうでした。
とりあえず、なんとなくの人の流れにお任せしながら坂道を登り始めたのですが…
ようサンは『暑い』を連呼し、アイボンは先程の兄妹ゲンカからスネスネモード、ママはそんな二人にキレるのをガマンしてる様子。
あ〜ぁ、弁当食べたらすぐ帰ればよかったかなぁ〜と思いながらブラブラ歩いておりました。





道はどんどん山を登っていきます。
案内看板からすると、どうやらこの山の上には長岡市郷土史料館があるようです。
この山にも桜の木が沢山植えてありましたが、高さの関係なのか、密度の関係なのか、こちらも広場の桜よりも花が多く残っているようです。
それでももう満開を過ぎた桜は、そよ風に揺られ、花びらをはらりと落としておりました。
そんな花びらが降り積もり、地面がピンク色に染まって、この辺一体がピンクの世界になっていました。
いやらしい意味じゃないよ(笑)





長岡城です。嘘です。
ここがお城のカタチをした長岡市郷土史料館です。
本当の長岡城はJR長岡駅付近にあったそうで、天守閣を持たない平城だったそうです。
それにしてもなかなか立派な外観ですね。
史料館には入りませんでしたが、ここで小休憩をとって山を下りました。





下りもなんとなく人の流れに任せながら歩くと、途中から来た道とは違う道に入りました。
登りの時もちらっと見えたのですが、斜面を利用した大きな滑り台があり、子供がキャッキャと遊んでおりました。
あーあ、ズボンが擦れて穴あいちゃうぞぉ〜っと思うのは大人になってしまった故の考えであり、
夢中になって遊ぶ子供達は、そんなの頭の片隅にもないんだろうなぁ。





どんどん坂を下っていくと、なにやら茂みの奥に何かの建物があり、前方には大勢の人達が何か下を覗いておりました。
その正体は…





サル山でした。
そしてそれ以外にもいくつか檻があり、小さな動物園となっていました。
公園の一角にこんなところが有るとは思っておらず、私にとってとてもサプライズでした。
と言っても、ろくに下調べしなかっただけで、前日から調べればすぐに解ったことかもしれませんね(笑)





サル山の頂上で歯磨き?をするおサルさん。
あそこまで昇れば公園内の桜がよく見えるはず。
サルも桜を見て綺麗だなぁ〜っと思うのでしょうか?





人間同様、子ザルたちは元気にサル山内を駆け回りますが、親ザルたちはダラぁ〜としておりました。
この暑さのせいかな?まぁ無理もない。





続く


Go to Go-OutReport!