2012/9/9 越後丘陵公園(2012)





今回で通算7回目となります、お出掛けレポ常連地『越後丘陵公園』にやってまいりました。
お出掛けレポ的には2008年以来4年振りなのですが、本当に最後に来たのが2009年なので、3年振りになる久しぶりの丘陵公園です。
前の日にどこかお出掛けしたいなぁ〜と言う話しをしていたのですが、決定打も資金も無く、なかなか決まりませんでした。
で結局、近すぎず遠すぎず、子供が喜ぶ場所ということで、原点回帰をしたという感じでしょうか。
今日はお弁当を持ってのお出掛けとなりました。
いつもは正面ゲートから真っ直ぐ進み、園内のメイン通路とも言えるべき変形自転車コースを歩くのですが、
今日はすぐ左に曲がり、ばら園経由で目的地に向かいます。
目的地は木製遊具エリアにあるテーブル&ベンチで、そこでお弁当を広げようという作戦なんですが、その途中でガーデン散策をば。





ばら園ですが、今が丁度バラの“見えない頃”
バラの見頃は春だと5月下旬から6月中旬で、秋だと10月上旬から11月初旬とのことなので、
今まさに“見えない頃”まっただ中。(笑)
まぁそんなの百も承知でココを通っているので残念感はなし。
たまに咲いている品種もポツポツありますが、それよりも庭の緑を楽しんで歩きました。





花の丘まで歩いてきました。
ここはコスモスが沢山植えられていて、満開時はさぞかし綺麗かと思われますが、
今はまだコスモスの旬までは少し早いようで、せっかちな遺伝子を持つものだけ、ポツリと咲いておりました。





3年のブランクの間で、なにやら木製遊具エリアに白いドーム型の日除けが出来ていました。
季節的には結構涼しくなってきましたが、真夏の頃は遊んでいる子供も、見守っている大人も
熱中症になりかねませんから、あの設備は有り難いですよね。
もしかしたら、ご無沙汰しているうちに色々なところが変わっているかもしれません。
大規模な間違い探しみたいで何となく楽しいっす(´∀`)





目的のテーブルに到着。
ここはケヤキの木陰のおかげで涼しく快適なおかげで、いつも競争率が高いのですが、
運良く1箇所だけ空いていたベンチをゲットできました。
ここでママが作ったお弁当を広げ、ランチタイムです。
緑を眺めながらのお弁当って気持ちいいし、楽しいですよね。
ちなみに背後に写るふれあいの丘の斜面を工事していますが、あそこに人工芝のソリゲレンデを造るそうです。





ランチが終わった途端にアイボンに急かされ、ゆっくりお茶も飲んでいられません(TДT)
手を引かれ、向かった先はいつものお決まりの場所。
ふわふわドームです。
ふわふわドームにいく途中、いつも思うのですが、遊んでいる人達が砂糖に群がるアリの様です(笑)





ここはいつも子供達の笑い声に溢れています。
子供だけでなく、大人もピョンピョン飛び跳ねると自然に笑顔になってしまうのは何故なんでしょうか?
ただしあまり調子づくと脚がもつれそうになるので、運動不足のおじさんは要注意です(>ε<)オットット
自分の体の衰えを痛感しながら、いい汗を流しました。





子供達が木製遊具で遊んでいる間、私ひとりでお散歩に出掛けました。
丘陵公園に来ると、先程のふわふわドームや木製遊具、そして越の池には必ずと行っていいほど寄るのですが、
まだ、私が脚を踏み入れていないエリアがいくつか残っております。
前々から、その未開拓エリアを覗いてみたいと思ってました。





野外炊飯広場にやってきました。
変形自転車コースを時計に見たてた時、正面ゲートを6時の方向とすると、
ここは12時から1時くらいの方向になるでしょうか。
流石にこの場所までは遊具エリアにこだまする子供達の笑い声は届いてこないようで、
静かな空間に、数家族いるアウトドアファミリーの話し声が時々聞こえてくるだけです。
本当はもう少しこのエリアの散策をしたかったのですが、あまりの静けさと
なにっ?この突然現れたオッサンは?的視線(←自意識過剰?)に耐えかね、
ファミリーとは反対方向に足を向けました。





木製遊具エリアでは争奪戦になる木陰のテーブル&ベンチですが、
ここにはだれーも使っていないテーブル&ベンチがずらり。
いい穴場スポットを発見!と言いたいのですが、木製遊具やふわふわドームに遊びに来ているのに
ここまで休憩にくるのは有りか?無しか?
無しだな。





なんとこのエリアに池があったとは知らなんだ。
でも越の池とは違い、あくまでも観賞用?の池なので、この中に入って遊ぶのはダメです的な看板が立ててありました。
この写真は振り返って撮っているのですが、先程のガラガラに空いたテーブル&ベンチは左端、
アウトドアファミリーさんたちがくつろいでいたのが正面の建物付近です。





遊歩道に沿って歩いて来たのですが、途中で二手に分かれました。
丘陵公園の最果ての地を見たく、らしき方向に進んでいくと…
舗装が一部無くなり、外界が見えてきました。





どうやら丘陵公園のガイドに書いてある“臨時ゲートA”まで辿り着いたようです。
何の為の舗装路か解りませんが、秋名山の5連ヘアピンを彷彿とさせる、九十九折り遊歩道?が現れました。
その先に一般道が見えていますが、今日もここに来るのに、あの道を利用してきました。
いつも道路側から、この何の為にあるのか解らない入口をみていたのですが、
野外炊飯広場の近くにあるということは、アウトドアグッズの搬入搬出路なのでしょうか?





公園の果てを見れたので、満足して戻ることにしました。
近くにあるラベンダー園を経由したのですが、当然ラベンダーの時期はとっくに終わっているので、
こんな淋しい状態になっていました。
今度は是非ラベンダーの咲き誇る時期に来たいと思います。




続く


Go to Go-OutReport!