2013/7/27・28 高床山森林公園&大潟水と森公園





今回は地元の子供会行事のキャンプに行ってきました。
場所は妙高市(旧新井市)にあります高床山森林公園です。
この写真は個人的事前下見や公的事前下見の際の写真です。昨年のキャンプ場は木陰の無いテントサイトで、
ギンギンに照りつける日射しを浴びながら灼熱のキャンプをしていました。
(ビールはバカ旨だったけど)
その点で比較しますと木々に囲まれた今年のキャンプ場はこの上なく快適に過ごせそうな期待で溢れておりました。





が、
(TДT)
偏西風の蛇行とかナントカで依然梅雨明けせず、ギンギンの太陽は何処へやら。
1週間前から暇さえ有れば天気予報をチェックしていましたが、
どうしてもキャンプ1日目の一番重要な時間帯が雨予報(+_+)
買い出しをしていた午前中はとても良い天気だったのに、集合時間が近づくにつれ雲行きが怪しくなり、
さらに遠くの空からは雷鳴が聞こえてきました。
結局、キャンプ場に着てみると時折激しい雨が叩き付け、直ぐ近くでカミナリがゴロゴロ鳴り響く最悪のお天気。





しばらく荷解きをしないまま、実施可否を協議しているうちに
雨あしが弱くなってきたため、キャンプ決行となりました。
時間は少しロスしてしまいましたが、早速カレー作り開始です。
大人的には折角のキャンプが雨に祟られ気持ちは凹むのですが、
子供達は少々の雨なんか気にしたもんじゃなく、はしゃいでおりました。





キャンプ場の足下が悪かった事もあり、
管理人さんのご厚意で管理棟2階スペースを貸していただき、みんなで晩御飯となりました。





では私もいただきます。(´人`)
「カレーは飲み物」ではないですが、さらっとお腹に入ってしまいました。
キャンプ場に着いてから雨の心配をしたり、バタバタと準備をしていたりして
空腹をまったく意識しませんでしたが、どうやら私のお腹は腹ペコだったようです(笑)
おかわりもあったのですが…これからタップリ入るお酒とつまみ分の腹を残しておくことにします(^皿^)





みんなお腹一杯になったかな?





ご飯を食べているうちに陽が差してきました。
これで雨の心配はなし…ならいいけど (^-^ゞ





さて、お母さんたちに夕飯のお片付けをお願いしている間に、
雨で内容を変更したクイズラリーのお片付けに行きました。
本当はキャンプ場内の任意のエリア内にクイズを仕掛けておき、
それを子供達に探してもらいながらクイズを解いてゴールするというシナリオだったのですが、
丁度イベント実施時間に雨が酷かったので、屋内でのクイズ大会に変更をしました。
なので、あちらこちらの木に仕掛けておいたクイズを回収に行かなくてはなりません。
ちょうど暇そうにしているアイボンとアイボンと同じ班の子供達を見つけたので、回収作業の道連れに(笑)
先ずは展望台から。





それからじゅんさい池周辺へと移りました。
この近辺は私も設置に同行していましたので、
どの辺りのどの木にクイズが貼ってあるかはきちんと把握しておりました。





クイズラリーラリーと言ってクイズラリーのクイズを探して喜ぶ子供達。
あの楽しそうに駆け回る姿を見ていると、
雨のおかげでクイズラリーが出来なかったことが本当に残念でたまりません。
この後林間広場エリアに移動しました。
このエリアは私もどこにクイズが設置してあったのか知らなかったのですが、
ほとんど子供達が走り回って探してくれました。
連れてきて良かった(笑)





すっかり日が暮れてしまい、暗くなったキャンプ場ですが、
雨も止み子供達の動き回る賑やかな声で、雰囲気は着たときよりも明るくなっております。
本来ならばこのタイミングにキャンプファイヤーだったのですが、
当初の雨の都合もあり、キャンプファイヤーはキャンセルにしていました。
でもこんな状態なら問題なく出来たなぁ…まぁ結果論ですけど。
しかし予定していたレクリエーションは決行です。
予めオッサンだけで練習していたマイムマイムは、予想に反して子供達が大喜びでした。





そして100円ショップで買った豪華(?)景品を賭けたジャンケン大会!
景品選びにみんな超真剣です!





1日目のキャンプのイベントが全て終了しました。
長梅雨のおかげでキャンプ中止もあり得る状態でしたが、なんとかお天気が持ちこたえてくれました。
子供の就寝時刻になり、これからはオッサンとママさんでゆったりと過ごせる大人の時間になりました。
が、子供達のテントの内外でお喋りする声が止む気配はありません。
まぁ嬉しくて眠れない子もいるのでしょう。





Mヒロさん作、ローストポークです。
ダッチオーブンで調理されていました。





う・ま・そ・ぉ(´∀`)
この香りと味がインターネット回線からお届け出来ないのが恐縮ですが、
めちゃくちゃ美味しかったっす。





すこしお腹一杯になってきたので、オッサン4人で夜の展望台ツアーに出掛けました。
夜風に当たりながら、旧新井市の夜景をつまみにお酒を飲みます。
高校生ならココで恋の話しだのなんだのと熱く語らうのかもしれませんが、
オッサンはというと…
あちらこちらの信号機が青に変わる瞬間をみて喜んでおりました。
(´〜`)オッサンモ、タマニワ、コドモニモドルンダネェ〜





展望台から戻ると宴はまだまだ盛り上がっておりました。
お酒と会話は進んでいるようでしたが、流石にお肉のリクエストペースは超スローリー(笑)
諸先輩方にお肉焼き係りを丸投げしておいて大変申し訳無いのですが、
もう食べれませーん (×o×) ウップ





ただでさえ平地より涼しい山の上だというのに、昼間の大雨のせいもあり、かなり空気がヒンヤリ!
半袖短パンスタイルのオジサン達が大勢いましたが、みんな寒い寒いと嘆いておりました。
私も“念のため”で持ってきていた長袖のパーカーをカバンの一番奥から引っ張り出して着込みます。
持ってきてよかった。( ´Д`)
かまどで火を焚いていると気分的だけじゃなく、本当に心地よい暖かさでした。





徐々に徐々に夜が更けるとともに、聞こえてくる子供達のしゃべり声が少しずつ小さくなってきました。
オッサン達とママさん達も少しずつパワーダウンしていくのに反して、セミたちが活発に活動していました。
日頃は木にとまってミンミン鳴いているセミや、その抜け殻を見ることは珍しくはありませんが、
それ以外の姿って見たことありますか?
これは抜け殻ではなく、抜ける前の幼虫です。





別の木には羽化している最中のセミを発見。
得体の知れない生物に見える…(゚Д゚)ナンジャコリャ





時系列が飛びますが、これは羽化し終わった段階。
でもまだ色白さんで、まるでゴムで出来たオモチャのよう。
夜の高床山は絶好のセミの生態見物スポットでした。





続く


Go to Go-OutReport!